銀の蔦 2株目

アクセスカウンタ

zoom RSS 小林路子の菌類画 きのこ・イロ・イロ@吉祥寺美術館

<<   作成日時 : 2015/05/16 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

近所の画材店に貼られていたポスターを見て行ってきました。
年初にバンクスの花譜展に行ってきましたが、今回の展示はキノコ限定の展示です。

キノコの絵を描かれた小林路子氏は1986年にキノコの挿絵を請け負って以来その魅力に取りつかれ、数多くのキノコ画を手がけられています。
展示品の中には、小林氏が野外で見つけたキノコのラフスケッチやその日の気候を記載した手帳やスクラッチボードで描かれたキノコなどがあり、メインの菌類画以外にも興味深いものが展示されています。
小林氏ご自身の菌類切手のコレクションも一部公開されていますが、日本ではたったの一種類しか存在しないのだとか。
日本ではそれなりにキノコが身近であるだけに、これは些か意外でした。

展示されている絵は70店にも及びますが、その中でも傘の裏がスポンジ状になっている「イグチ」という種類のキノコは何点も描かれていて、小林氏の特に好みの種類ではないかと思われるところです。

キノコの中にはアミガサタケツチグリの様に特異な形のキノコが多くあり、今回もそれらの絵は公開されています。
今回初めて知った変わり種としては、その名もずばり「カニノツメ」というキノコ。
個体差はありますが、モノによっては鍋の具材として入っていても全く違和感のない形をしています。

その他、シイタケやエノキといった食卓でお馴染みのキノコは栽培されたものではなく、自生したものが描かれています。
特にエノキは白くてヒョロヒョロの姿とは全く異なり、むしろナメコを思わせるような姿でした。

開催期間間際で訪れたため、ベニテングダケなどの有名どころはポストカードが売り切れていたのは残念なところです。

画像


小林路子の菌類画特設ページ:http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/2015/02/post-128.html
開催期間:2015/04/04-05/17

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
小林路子の菌類画 きのこ・イロ・イロ@吉祥寺美術館 銀の蔦 2株目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる