アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
銀の蔦 2株目
ブログ紹介
私が読んだ小説・漫画、プレイしたゲームなど節操なく紹介しています。
その他気が向き次第、日記・料理などなど。
zoom RSS

恐竜博2016@科博

2016/04/04 22:42
上野の国立科学博物館で開催されている恐竜博へ行ってきました。
今回は日曜日に行ってきたため非常に混んでいましたが、なかなかに見どころの多い展示でした。
特に目玉になっているのは肉食恐竜・スピノサウルスの新復元図。
研究自体は2014年に発表されたものですが、これまでの説を大きく覆す復元図でした。

画像

まずは恐竜時代黎明期に登場したアシリサウルス・エオドロマエウス・エオラプトルから。
この内アシリサウルスは形態は殆ど恐竜といっても差し支えありませんが、骨盤と足関節の接合部が貫通していないため、"まだ"恐竜ではない生物のようです。

画像
画像

エオドロマエウスとエオラプトルはそれぞれ初期の竜脚類・獣脚類にあたります。
形態がどちらも獣脚類のように見えるのは、進化上で分岐した時期が近いためでしょうか。
ちなみに"エオ(eo)"とは"暁"、"夜明け"の意味で、生息していた時期にふさわしい名前が与えられています。

画像
画像

続いては恐竜から鳥へ変わる過程で重要な化石です。
ミクロラプトルは色々と複雑な経緯で新種認定された恐竜ですが、後脚にも羽毛があり計4枚の翼で空を飛んでいたのではないかと考えられています。
ミクロラプトルは羽毛こそありますが、"まだ"恐竜に位置付けられています。
孔子鳥は尾の長さの異なる2種の化石が展示されていましたが、恐らくは性差による違いと思われます。
クジャクなどのアピール目的でしょうか。

画像

こちらのイーは最近流行りの羽毛恐竜に反するような、皮膜で空を飛んでいた恐竜です。
皮膜で飛ぶ動物といえば翼竜やコウモリなど多くの生物に見られますが、鳥類にニッチを奪われている辺りを鑑みるに、性能的には劣るものだったのではないかと思われます。

画像

今回の目玉であるスピノサウルスの全身骨格。
隣のティラノサウルスと比べても一回り程大きく、かなりの迫力があります。
とはいえ、体格としてはスピノサウルスの方が全体的に華奢なので直接戦ったとすればティラノサウルスの圧勝と思われます。
(時代・生息域が異なるため、遭遇することはありませんでしたが…)

画像

スピノサウルスの鼻先には小さな穴がいくつも開いており、水圧などを感知する器官になっていたようです。
歯の形状も現生の魚食性動物に似た"突き刺す"様な形状になっています。

画像画像

四肢の形状はこれまでの復元よりも前足が丈夫に、後足が貧弱になっています。
このことから、非常に珍しい四足歩行の獣脚類である可能性が生まれてきました。
後脚の指は指の間隔が開いており、水かきがついていたのでは、とも解説されています。

画像

スピノサウルスといえば背中の帆!といってもいい程に、全体のシルエットを特徴づけています。
スピノサウルスという名前そのものも、帆の骨格から"棘トカゲ"の意味を持っています。
より古い時代のディメトロドンやエダフォサウルスのように体温調節の役割をしていたと考えられているようですが、帆の骨格に血管が通っていた痕跡が見つかっていないそうです。

画像

今回の研究を反映した復元図が3点展示されていましたが、半水棲生物としての特徴を前面に押し出した構図となっています。
写真左側の復元図がとても素晴らしい構図だったので、思わずポストカードを買ってしまいました。

ちなみにこのスピノサウルスは発見から研究に至るまで、かなりの紆余曲折を経ています。
スピノサウルスの研究史や復元図の変遷はこちらで詳しく解説されています。
http://dinosaur-fan.net/naruhodo/tamura-n/20

画像

スピノサウルスの横に吊るされているのは、発見された中で最大のシーラカンス・マウソニア。
まるでスピノサウルスの餌にされていたかのような展示場所ですが、海水魚であったため、淡水域に住んでいたとされるスピノサウルスが捕食する機会はなかったものと思われます。
吊るされているので大きさが分かりにくいところですが、こちらのブログで人間と大きさを対比させたイラストが掲載されています。

画像

最後のエリアではクライヴ・コイ氏による化石クリーニングの実演がされていました。
非常に細かい作業で、顕微鏡を見ながら作業をされていました。
その繊細さたるや、デンタルピックで少しずつ不要な土を取り除いていく作業…これが全身骨格になるとどれほどの根気が必要になるのか、想像もできません。

公式サイト:http://www.dino2016.jp/
開催期間:2016/03/08-06/12
画像

ショップのティラノサウルスが若干ふさふさしているのは羽毛恐竜としての特徴を反映したものでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々

2016/03/06 22:32
新橋のパナソニック汐留ミュージアムで面白そうな展示がされているとの情報がYouTubeのチャンネルで流れていたので行ってきました。






今までもボタニカルアートの展示は何度か行っていましたが、今回はイギリスのキュー王立植物園が所蔵されている絵画という事で、何人もの画家による作品が展示されています。
同じ画家の手によるシリーズや、画家の作風の違いを見比べられるのは滅多にないので、植物画に興味のある方には是非とも見に行っていただきたいところです。

今回の展示では絵画以外にも、植物をモチーフとしたスタンドや衣服、食器など、博物画とは違った『アート』らしい作品が展示されています。
ウェッジウッドの名前は私でも聞いたことがありますが、ダーウィンの親族が創業したというのは初めて知りました。

公式:http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160116/index.html
開催期間:2016/1/16-2016/3/21

お隣の旧新橋停車場では駅弁の歴史についての展示がされていたので、こちらも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
陶器製の弁当容器や蓋が茶碗になっている急須など、今では見られないパッケージが色々と展示されています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『ロードス島戦記』

2015/10/11 22:09
「……邪悪な生を享受した者にも、それなりの生き方があってもよいと思わんか?」

<あらすじ>
30年前の魔神との戦いの傷も癒え、平和の続くロードス島に、新たなる戦乱の兆しが現れ始めていた。
暗黒の島マーモの皇帝ベルドが、カノン王国を攻め滅ぼしたのだ。
しかも、彼の背後には強大な力を秘めた謎の魔女、カーラの姿があった!
その頃、辺境の村ザクソンの青年パーンは、己の正義感の赴くまま、神官のエト、ドワーフの戦士ギム、魔術師スレインらとともに、故郷の村を旅立とうとしていた。
自分の前に立ちはだかる、大いなる運命も知らずに…。
(裏表紙あらすじより)

日本の異世界ファンタジーを語る上で外せない作品です。
特に日本におけるエルフのイメージは『指輪物語』よりも『ロードス島戦記』の方が強いのではないでしょうか。
シリーズの初版から既に30年近い年月が経っていますが、今なお派生作品が発表されている息の長いシリーズでもあります。

一応の主人公はパーンやディードリットといった主人公パーティーに設定されてはいますが、ヴァリス、フレイム、マーモといった多くの国々に属する人々が動乱の中を駆け抜けていきます。
勿論作中でのパーンの活躍は英雄戦争から邪神戦争までの時代に強い影響を及ぼしていますが、後々に発表された『ロードス島伝説』や『新ロードス島戦記』に比べると群像劇としての面が強いように感じます。

『ロードス島戦記』作中では第1巻から最終巻まで15年の月日が流れていますが、過去の出来事として語られる魔神戦争を描いた『ロードス島伝説』、邪神戦争終結後のマーモ島を描いた『新ロードス島戦記』が発表されています。
また、フォーセリア世界の他の地域を舞台にした作品として『クリスタニア』シリーズや『魔法戦士リウイ』シリーズといった多数の派生作品もあります。
興味がある方はそちらも読んでみてはいかがでしょうか。

書名:ロードス島戦記
既刊:灰色の魔女、炎の魔神、火竜山の魔竜(上/下)、王たちの帰還、ロードスの聖騎士(上/下)
外伝:ハイエルフの森 ディードリット物語、黒衣の騎士
著者:水野良
出版:角川書店(1988-1993)(新装版:2013.11-2014.2)


新装版 ロードス島戦記 灰色の魔女 (角川スニーカー文庫)
角川書店
2013-10-31
水野 良


Amazonアソシエイト by 新装版 ロードス島戦記    灰色の魔女 (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


水野氏がロードス島戦記を執筆するにあたって、TRPGでのセッションが非常に多用されていたようですが、この辺りは『ウルティマ』シリーズの生みの親であるリチャード・ギャリオット氏に通じるのも面白いところです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


メガ恐竜展2015@幕張メッセ

2015/08/08 22:55
夏の化石展示第二弾、ということで幕張メッセで開催されているメガ恐竜展へ行ってきました。
今回の展示は竜脚類を中心に、巨大な古生物に焦点が当てられています。
メインの展示はスペインで発見されたトゥリアサウルスですが、最近になって復活したブロントサウルスも、古くからの恐竜ファンには興味深いのではないでしょうか。

画像
画像
画像

まずは巨大生物のダイジェスト的な展示から。
ブラキオサウルスの復元ロボットや各時代の巨大生物が展示されています。

2枚目の写真は史上最大の生物と思われるアンフィコエリアスの椎骨。
椎骨だけで人間の身長を軽く超える大きさで、全長にすれば60メートル越えとも言われますが、実はこれだけしか見つかっていないという幻の恐竜でもあります。

画像
画像
画像
画像

お次のエリアは太古の水棲生物を展示しています。
海から川、魚からワニまで様々な生き物が登場します。

初っ端から展示されているのはショニサウルスの頭骨。
全身を含めると21メートルにも達するそうです。
後ろにちらりと見えているのは古代クジラのバシロサウルス。
発見当時は爬虫類と思われていたために『サウルス』と名付けられました。

一番下のマチカネワニは日本で発見された大型のワニです。
生息年代は恐竜の時代よりも遥かに後で、ナウマンゾウと同じ時代になるようです。
日本神話に登場した豊玉姫(=ワニの化身)にちなんで、トヨタマヒメイア・マチカネンシスという学名が与えられました。

このエリアではカンブリア紀お馴染みのアノマロカリスも展示されていましたが、お隣で見ていた方が子供に「サソリだよ! 刺されるよ!」と話していたのが印象に残っています。
アノマロカリスは有名…そんなふうに考えていた時期が私にもありました……

画像
画像
画像

水棲生物のエリアを過ぎるといよいよ恐竜のエリアへ。
比較的小さめの竜脚類が多い様な…と思いましたが、その多くが亜成体で、まだまだこれから大きくなる段階です。

一方で、大きくなってもミニマムサイズという竜脚類も展示されています。
展示されていたエウロパサウルスは幼体ですが、成長しても全長6メートル程度と、他の竜脚類に比べるとはるかに小さい体躯をしています。
大陸から離れた島に生息していたらしく、島嶼化の影響で小さく進化したものと思われます。

画像
画像

子供の頃の恐竜図鑑といえば、水辺のブロントサウルスがお馴染みでしたが、いつの頃からか名前すら話題に上ることがなくなりました。
というのも、ブロントサウルスの化石がアパトサウルス+カマラサウルスの頭骨を組み合わせたキメラ生物であり、そもそも存在すらしなかったことになっていました。
ところが、今年の4月になってブロントサウルスがアパトサウルスとは別種であったとの説が学会に発表されました。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/040900039/

ちなみにブロントサウルスの名前は『雷の竜』という意味があり、まさに『カミナリ竜』の代名詞とも言うべき恐竜です。
竜脚類が水辺で暮らしていたとする説は現在では否定されていますが、それでもブロントサウルスの復活は恐竜界隈で大きなニュースではないでしょうか。

画像
画像

今回の展示で最大の見どころとなるトゥリアサウルス。
大人の背丈でも肘までしか届かないほどの大きさです。
発掘地はスペインやポルトガルといったイベリア半島で、現在発見されている中ではヨーロッパ最大の大きさを誇っています。
残念ながら全身骨格ではありませんが、それでもかなりの迫力があります。

今回の展示では単純に大きな古生物の展示にとどまらず、どうして恐竜が大きくなれたかという研究についても触れられています。
また、ブロントサウルスの復活は発表されてから僅か3ヶ月という事もあり、まさに最新研究というにふさわしいニュースでした。
開催期間は8月末までなので、この機会にぜひ行ってみてはいかがでしょう?
(平日の朝一なら、先着300名にアンモナイトのプレゼントも!)

公式:http://mega2015.jp/
開催期間:2015/07/18-08/30

画像

残念、『2つの梁』はディプロドクスだ…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生命大躍進展

2015/07/19 00:09
国立科学博物館で開催中の生命大躍進展へ行ってきました。
夏休みが近くなると恐竜や化石の展示が多くなりますね。
サブタイトルは「脊椎動物のたどった道」ながら、ポスターに大きく描かれている節足動物…

画像
画像

カンブリア紀から、ウィワクシアとオパビニア。
昔放映していたNHKのシリーズ(宇宙飛行士の毛利衛さんが出演されていました)で、バージェス頁岩で発見されたの生物群として登場していました。
カンブリア紀の生物は生存していたら水族館で人気者になれる素質を秘めていると思うのですが如何でしょう?

画像
画像
画像

同じくバージェス動物群からは、当時最大の肉食生物と思われるアノマロカリスの化石。
発見当初は触手→エビ、口→クラゲ、胴体→ナマコとされていたのは有名なエピソードです。
恐らくは節足動物に属するようですが、有爪動物(カギムシ類)に属する可能性もあり、今後の研究が待たれます。

画像
画像

シルル紀に入っても、まだまだ生物は海中で進化を続けています。
スキフォクリニテスはシルル紀の生物ですが、ウミユリ自体はカンブリア紀から登場しました。
アクチラムスは節足動物としては史上最大となるウミサソリの一種です。
写真では見切れていますが、特徴的なハサミも化石として残っていました。

画像
画像
画像
画像

シルル紀から明確な「脊椎動物」として魚類が登場しました。
その原型となる脊索動物はカンブリア紀から登場していましたが、照明で化石が真っ白になっていたので写真は割愛です。
デボン紀に登場した板皮類の中でも特に巨大な進化を遂げたダンクルオステウスは古代生物でも特に凶悪な面構えをしています。
そのインパクトから、古代の巨大生物としては毎回登場している気がします。

画像

デボン紀末からはいよいよ脊椎動物が陸上にあがり始めます。
私が学校で習ったときには最初の陸上脊椎動物としてイクチオステガが挙げられていましたが、四肢動物としてはより古い形態を持つものが何種も発見されているようです。
写真のスクレロケファルスは、より時代の下ったペルム紀の生物です。

画像画像
画像
画像

哺乳類型爬虫類とも言われる単弓類の時代を経て、恐竜の時代へ。
ディメトロドンなどの単弓類は恐竜扱いされることの多い種もいますが、実はこの中から哺乳類が発生しています。
恐竜のエリアは本展示の目玉としては扱われていないので、お子様方はあまり燃えなかった御様子。

画像

単弓類から哺乳類が生まれ、更に胎盤を持つようになった時期はジュラ紀――まさに恐竜の絶頂期でした。
小型恐竜であれば捕食する程度の哺乳類はいたようですが、まだまだ小型の哺乳類が大半を占めていたようです。
このネズミの様な形態を持つジュラマイアは現在判明している最古の有胎盤類であり、2011年に中国で発見されました。

画像
画像
画像

恐竜の絶滅後、空白となったニッチを埋める様に、哺乳類が爆発的な進化を遂げました。
実はコウモリもすでにこの時代に登場しています。
ヒエノドンは肉歯目という肉食哺乳類のグループに属していましたが、オオカミやネコといった食肉目との生存競争に負けて絶滅しました。
また哺乳類の一派、霊長類からは猿人や原人、その他様々な人類が生まれていきます。

特設ページ:http://www.seimei-ten.jp/
開催期間:2015/07/07-10/04

画像
画像
画像


ちょうど植物画コンクールの入賞作が展示されていたので見てきました。
いずれも入賞しただけあって、素晴らしい仕上がりの作品ばかりです。
特に小学生の部で公開されていたヨウシュヤマゴボウは特徴をとらえていて、植物に詳しくない私でも図鑑で見覚えがあると分かるほどでした。
残り期間はごくごくわずかですが、ボタニカルアート好きは是非に。

第31回植物画コンクール:http://www.kahaku.go.jp/event/2015/06botanical/
開催期間:2015/06/27-07/20





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『ドキュメント 謎の海底サメ王国』『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』

2015/07/12 22:17
今回は本を2冊まとめてのご紹介です。
どちらもNHK深海プロジェクトで希少な生物を追い、撮影した人々のドキュメンタリーです。

まずは深海のサメでも特に珍しい「メガマウス」を撮影した『ドキュメント 謎の海底サメ王国』。
メガマウスにとどまらず、ミツクリザメやオンデンザメなど、滅多に目にすることのないサメを撮影しています。
深海というと外海のイメージが強くありますが、ミツクリザメは首都のお膝元、東京湾の深部に生息するなど、身近とはいえないまでも比較的近いエリアに生息しています。
クライマックスはメガマウスの捕食シーン。
メガマウスはクジラの様に大口を開けてプランクトンを捕食しますが、どうやら口の中に発光器官か、若しくは反射板のようなものが存在することが分かっています。
口絵でも語られていますが、プランクトンを集めるためという可能性が語られています。

続いては2013年に世界初となるダイオウイカの撮影に成功したスタッフを描く『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』。
こちらはダイオウイカの撮影に向けての準備や苦労が細かに描かれています。
そのため、ダイオウイカ以外の生き物についてはあまり触れられていません。
ダイオウイカの映像は国立科学博物館の特別展でも目玉として大画面で放映されていました。
ダイオウイカについては以前からマッコウクジラの餌になっていることは分かっていましたが、この本ではマッコウクジラの口からはみ出すダイオウイカの触腕や皮膚に残された吸盤の跡など、明確な捕食関係が語られています。

テレビに公開される映像は非常に短い時間ながら、その撮影までに何年もの準備・検証を繰り返した人々の苦労を考えると頭の下がる思いです。
どちらの映像も海外で非常に高い評価を受け、ディスカバリーチャンネルなどで取り上げられたことから、いかに貴重であったかが伺えます。

書名:ドキュメント 謎の海底サメ王国
著者:NHKスペシャル深海プロジェクト取材班、坂元志歩
出版:光文社(2014/07)

ドキュメント 謎の海底サメ王国 (光文社新書)
光文社
2014-07-17
NHKスペシャル深海プロジェクト取材班+坂元 志歩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドキュメント 謎の海底サメ王国 (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




書名:ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!
著者: NHKスペシャル深海プロジェクト取材班、坂元志歩
出版: 光文社(2013/07)

ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書)
光文社
NHKスペシャル深海プロジェクト取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初夏の香取・鹿島神宮巡り

2015/06/13 05:29
「日帰りで神社を見に行こう」などと思ったのは数日前の仕事中。
このところ地震が頻発していたので、地震除けを兼ねて香取・鹿島の両神宮へ行ってきました。

<佐原駅〜諏訪神社
総武線で西へ西へと向かい、到着したのは佐原駅。
佐原駅から南へ少し歩くと、諏訪神社の大きな鳥居が見えてきます。
本殿までの参道には灯篭が並んでいます。

諏訪の名を冠する神社は日本各地にありますが、総本社となるのは長野県の諏訪大社。
御祭神は日本神話の国譲りの段に登場する建御名方です。
日本神話では鹿島&香取の天津神タッグに負けて長野に追いやられたはずが、軍神という側面があるためか、広く信仰され、勢力を伸ばしています。

画像

入母屋造の本殿。
神社建築では国津神系だから○○造、天津神系だから○○造という区別はなさそうです。
伊勢神宮や出雲大社の様な例を除けば、地域による差が大きいのでしょうか。

画像

摂社である金刀比羅神社には錨が奉納されていました。
大国主命の和魂である大物主が海上交通の神としての神格を備えているためと思われます。

<諏訪神社〜伊能忠敬旧宅〜香取神宮>
諏訪神社からひたすら西へと進むと、伊能忠敬の旧宅へ行きつきました。
香取・鹿島へ行こうと思い至ったのが数日前だったという事もあり、伊能忠敬の事は全く調べていなかったので、驚きでした。
画像

旧宅前には小野川が流れており、船着き場があります。
画像

伊能忠敬大河ドラマ化!推進!という事で、佐原の各所ではいたるところにのぼりが建てられています。
マスコットキャラクターも作られていますが、流石に人のいない平日では遭遇しませんでした。

画像

佐原駅近くは少しさびれた住宅街でしたが、香取神宮に近付くにつれて広々とした田園風景に変わっていきました。
苗を植えたばかりの田では小魚やゲンゴロウが泳いでいます。

香取神宮
画像

参道で買ったみたらし団子を食べつつ香取神宮へ。

御祭神は日本神話の国譲りに登場する経津主。
「ふつのみたま」という刀剣の神格化と伝えられています。
後述の鹿島大明神と同じく、香取大明神として道場のシーンではおなじみの神様でもあります。
(SMAPの香取氏が演じた大河ドラマで『香取大明神』の掛軸が出たせいで、「ギャグはいらない!」などと雑誌に書いてしまった方がいると専らの噂ですが、本当なのでしょうか?)

画像

画像

朱塗りの楼門をくぐると、檜皮葺の見事な拝殿が姿を現します。
拝殿など、多くの社殿は徳川綱吉の時代に建造されました。
虹梁や肘木の華やかな色遣いが印象的です。

宝物館の一階では巡洋艦香取にまつわる品々が展示されています。
境内には練習艦かとりの錨も奉納されています。

画像

参道から少し外れた道を進むと、大鯰封じの要石に辿り着きます。
漬物石程度の大きさの石が地面から顔を出していますが、かつて水戸光圀が要石の周囲を掘らせたところ、いくら掘ってもその全容が分からなかったという逸話が伝わっています。

<香取神宮〜香取駅〜鹿島神宮駅〜鹿島神宮>
香取神宮から30分程度歩いて香取駅へ。
香取駅から鹿島神宮駅行きの電車はかなり少ない様でしたが、流石に1時間に一本は電車があるだろうと思いましたが…2時間に一本しか電車がないという有様!
つい十数分前に電車が出ていたので、1時間半も次の電車を待つことに。

画像

鹿島神宮の近くに有名なナマズ料理のお店があるという事で楽しみにしていましたが、お休みでした…無念。
地震封じの験担ぎならず。

鹿島神宮
画像

常陸国が一宮、鹿島神宮。
鹿島神宮の大鳥居は元々御影石製でしたが、東日本大震災の折に倒壊してしまったため、杉の鳥居が新しく作られました。

御祭神は言わずと知れた武甕槌。
日本神話では大体のシーンにおいて経津主とセットで登場していますが、雷神としての神格を持っているせいか、こちらの方が知名度は高いように感じられます。
鹿島大明神・香取大明神の神号は諸説ありますが、どちらも水運、航海に関するという説があるようです。

画像

画像


楼門をくぐると右手に拝殿が建っています。
楼門と拝殿が一直線でないのは特徴的です。
拝殿の屋根は長い間葺き替えられていないのか、大分年季が入っています。

拝殿のほぼ正面にある宝物館には、二代目「ふつのみたま」こと、国宝「直刀・黒漆平文大刀拵」が展示されています。
刃渡りだけでも2メートル超え、全体の長さは2.7メートルにもなる長大な直刀です。
神刀の前にはレプリカ(とは名ばかりの鉄棒)が置かれていますが、とてもではありませんが刀として振れる重さではありませんでした。
尚、初代「ふつのみたま」は古事記の時代に石上神宮に移されています。

画像

画像

拝殿からさらに奥へと進むと武甕槌の荒魂を祀る奥宮があります。
分かりやすい切妻造平入の流造です。
鹿島神宮境内の樹叢は茨城県の天然記念物に指定されています。

画像

鹿島神宮の要石(ガッカリ名所と言ってはいけない)。
写真では幣帛だけしか写っていないように見えますが、分かりにくいながらもしっかり写っています。
香取神宮と同じく、鹿島神宮の要石も地震の原因となる大鯰を封じていると伝えられています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

銀の蔦 2株目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる