銀の蔦 2株目

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ドキュメント 謎の海底サメ王国』『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』

<<   作成日時 : 2015/07/12 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は本を2冊まとめてのご紹介です。
どちらもNHK深海プロジェクトで希少な生物を追い、撮影した人々のドキュメンタリーです。

まずは深海のサメでも特に珍しい「メガマウス」を撮影した『ドキュメント 謎の海底サメ王国』。
メガマウスにとどまらず、ミツクリザメやオンデンザメなど、滅多に目にすることのないサメを撮影しています。
深海というと外海のイメージが強くありますが、ミツクリザメは首都のお膝元、東京湾の深部に生息するなど、身近とはいえないまでも比較的近いエリアに生息しています。
クライマックスはメガマウスの捕食シーン。
メガマウスはクジラの様に大口を開けてプランクトンを捕食しますが、どうやら口の中に発光器官か、若しくは反射板のようなものが存在することが分かっています。
口絵でも語られていますが、プランクトンを集めるためという可能性が語られています。

続いては2013年に世界初となるダイオウイカの撮影に成功したスタッフを描く『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』。
こちらはダイオウイカの撮影に向けての準備や苦労が細かに描かれています。
そのため、ダイオウイカ以外の生き物についてはあまり触れられていません。
ダイオウイカの映像は国立科学博物館の特別展でも目玉として大画面で放映されていました。
ダイオウイカについては以前からマッコウクジラの餌になっていることは分かっていましたが、この本ではマッコウクジラの口からはみ出すダイオウイカの触腕や皮膚に残された吸盤の跡など、明確な捕食関係が語られています。

テレビに公開される映像は非常に短い時間ながら、その撮影までに何年もの準備・検証を繰り返した人々の苦労を考えると頭の下がる思いです。
どちらの映像も海外で非常に高い評価を受け、ディスカバリーチャンネルなどで取り上げられたことから、いかに貴重であったかが伺えます。

書名:ドキュメント 謎の海底サメ王国
著者:NHKスペシャル深海プロジェクト取材班、坂元志歩
出版:光文社(2014/07)

ドキュメント 謎の海底サメ王国 (光文社新書)
光文社
2014-07-17
NHKスペシャル深海プロジェクト取材班+坂元 志歩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドキュメント 謎の海底サメ王国 (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




書名:ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!
著者: NHKスペシャル深海プロジェクト取材班、坂元志歩
出版: 光文社(2013/07)

ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書)
光文社
NHKスペシャル深海プロジェクト取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『ドキュメント 謎の海底サメ王国』『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』 銀の蔦 2株目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる