銀の蔦 2株目

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐竜王国2012

<<   作成日時 : 2012/08/07 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現在幕張メッセで開催している恐竜王国2012を見に行ってきました。
ティラノサウルスやトリケラトプスといった有名どころから、今年の春ごろに羽毛恐竜であると分かったばかりのユティランヌスまで、様々な恐竜の化石が展示されています。

恐竜の生態復元模型も多数展示されていましたが、殆どの恐竜に羽毛があったのではないか、という説を踏まえ、ほぼすべての復元模型や復元図は毛をはやしていたり羽毛で覆われたりしています。
映画ジュラシックパークのイメージが強い方にとってはかなり違和感があるかもしれません。

画像

ステゴサウルスを狙うアロサウルスのイメージでの復元。
アロサウルスの尾椎にはステゴサウルスの尾のスパイクで傷ついたものもあり、そちらの化石も展示されています。

画像

三畳紀頃の獣脚類、ヘルレラサウルス。
前肢後肢ともに指の退化が見られないところから、原始的な獣脚類と考えられています。
(ティラノサウルスの前肢は指が2本のみ)

画像

古代の鳥類、孔子鳥。
尾羽が長いのはオスだけに見られる特徴のようです。
現生の鳥類とほぼ同じ形態ですが、まだ口の中には歯が生えています。

画像

上でも骨格の写真を載せていたヘルレラサウルスの復元模型。
鱗ではなく毛で覆われています。
大きさ的にはかなり大きめの犬といったところ。

画像

角が特徴的なケラトサウルスの復元模型。
こちらも毛で覆われているので、爬虫類よりも獣っぽくなっています。

画像

トリケラトプスやカスモサウルスなどの角竜類でも特に原始的なプシッタコサウルスの復元模型。
腰から尾にかけての毛が目を引きます。
子供を連れていますが、こちらも羽毛に覆われているので雛といった感じです。

画像

オヴィラプトルと思われる恐竜の卵。
オヴィラプトルの名前は「卵泥棒」という意味ですが、卵を盗んでいると思われた化石は自分の卵を温めているだけだったというあまりにひどいオチ。

画像

恐竜以外にも節足動物や魚の化石も展示されています。
こちらは古代のトンボ、ステノフレビアの化石。

画像

魚の化石は多くが二つに割った状態で展示されています。
モールド状に痕跡が残っているので、たい焼きを作るアレのようです。

ここでは紹介しきれませんでしたが、まだまだたくさんの恐竜が展示されていたので、恐竜が好きな方はぜひとも足を運んでいただきたいところです。

公式HP:http://dino2012.com/info.html
〜2012/9/23(日)

モンハンをやっているとどうしても登場モンスターと恐竜で大きさを比較してしまいます。
序盤のドス狗竜系の体長はケラトサウルス〜アロサウルスあたりと同程度のようですが…
どう見ても普通の人間が一人で喧嘩売れる大きさではないですね

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
恐竜王国2012 銀の蔦 2株目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる